FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4EVER

一昨日4月19日はわたしが僭越ながらドラムを担当させて頂いておりますビートルズバンド『4EVER』のライブでございました。

人間としてもミュージシャンとしても、わたしが心底惚れている先輩方が所属するバンドでございます。

どさくさに紛れて、わたしがドラムを担当させて頂いております。

こんなわたしがです。

一昨日は一般入場不可でございましたが、本当に良いライブが出来ました。

最後の曲を演奏している最中、凄く温かい気持ちになりました。

----------------------------------------

話は遡りますが、実は結婚式の前日もこのバンドのライブでございました。
その事に関してブログに残しておきたいと思い、珍しく更新しております。

結婚式の前日にライブかい!

という声もありましたが、『ナオミ(母上)』が是非ビートルズの曲の生ライブを見たいという事で、東京に前乗りしておりました。

六本木にある『シルビー』というライブハウスです。

母上は、過去何度かわたしのライブを見てらっしゃるのですが、何かと「うるさいだけや」とか「お母さん疲れたけん帰る」とか悪態をつき、盛り上がった事は一度もありません。

ところが、ビートルズの生バンドが見れるという事で、興奮し、上京前日に「Hey Judeが聴きたい」という、チョーシこいた事を電話で言って来ました。

『4EVER』は4人で構成されており、キーボード(ピアノ)が入っておりません。

「Hey Jude」という曲は出だしから、もろピアノが入ってますので、出来ない旨を伝えました。

ライブ当日、リハの時に先輩方に「うちの母がHey Jude好きらしいんですよ」という話を軽くネタのつもりで話をしたのですが、優しい諸先輩方

「ピアノ無しでも出来ない事は無いからリハで一回やってみようよ」

と言って下さいました。

リハで一度合わせて、いけそうだからという事で急遽「Hey Jude」を演奏する事になりました。

4EVERの皆さんは本当に熱い方々で、店がオープンして、ナオミと姉が到着すると

「おふくろさん達来た?何処に座ってんの?」

と、皆さんわざわざ席まで行ってナオミと話をしてくださいました。

ぺーぺーのわたしの家族の為にです。

非常に恐縮でございましたが、それ以上にわたしは、暖かい先輩方の気持ちが嬉しくてたまりませんでした。

興奮して鼻血が出そうになりました。

ナオミは1ステージ目から満面の笑顔で見ており、一曲一曲終わる度に手首がなくなるんじゃねえかという位、激しい拍手をして喜んでおりました。

2ステージ目か3ステージ目か忘れてしまいまいたが、ステージ最後のMCで「古賀っちのお母さんがいらっしゃってます」と紹介して頂いた後に、サプライズで「Hey Jude」を演奏しました。

いつも悪態をついているナオミでしたが、涙を流して喜んでおりました。

後程、姉から聞きましたが、「Hey Jude」が始まった瞬間「やったー!嬉しかー!やったやったー!」と子供の様に喜んでいたそうです。

この日は結婚式前日でしたが、とても感慨深い気持ちになりました。

----------------------------------------

そして、一昨日4月19日、最後に演奏した曲がこの「Hey Jude」でした。

2月のナオミを思い出し、温かい気持ちになりました。

その時の情景や空気を瞬時に思い出させてくれるから、音楽は素晴らしいのです。

そして、自分の音楽人生を支えてくださっている4EVERの皆さんにこれからも感謝して、精進して行きたいと思います。

本日4月21日(土)も六本木『シルビー』にて4EVERのライブがあります。今回も素晴らしいライブになる事間違い無いので、よかったら是非。

ほいじゃ。
スポンサーサイト
プロフィール

古賀 真人

Author:古賀 真人
■ミュージシャンを目指し18歳で上京
■学校中退後、ミクスチャーバンド「KEY GOT CREW」のメンバーとして(株)フォーライフミュージックエンターテイメントと契約。40カ所の全国ツアー、CDシングル&アルバム計5枚をリリース。その後脱退。
■某舞浜テーマパークにて2年間ドラム演奏者としてレギュラーショーに出演。
■スカバンド「ネコベッド」、ロックバンド「フーバーオーバー」のサポートメンバーとして主要都市のツアー、アルバムをリリース。
■ブルース・リー映画サウンドトラックリメイク版「SONG OF DRAGON」、映画「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」、ベネッセ英会話教材等の数々のBGMレコーディングにも参加。
■カバー曲約400曲のレパートリーを誇るバンド「ジーナZ」のメンバーとして約2年間、約500本のライブ活動。
■2010年2月にDrum School B-Sessionを開校。
■哀愁ロックバンド「ダットサン320」のサポートメンバーとして都内を中心に活動。後脱退
■速水けんたろう、荒木真樹彦、その他多くのアーティスト、シンガーソングライターと共演。
■ビートルズカヴァーバンド4everのメンバーとして活動中。
■ロックバンド「ツチのコ」、「ドラゴンマン」のメンバー、「FUNKIST」のサポートメンバーとして活動中。
■2013年春、【YAMAHA】PMSドラム講師に就任。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。