スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッコタワー10周年

どうもこんにちはっす。

古賀っす。

ラッコタワー10周年記念おめでとう。

7月22日は昔からずっと友達の『ラッコタワー』というバンドの10周年ライブでした。

ドラムの重田は10代の頃から苦楽を共にした親友。いろいろありました。

その打ち上げパーティーで行われたのが『復活祭』という名のがちライブ。

ワタシも10年前に『キーガットクルー』というバンドでCDデビューをしておりまして、この『ラッコタワー』とは本当によく対バンしてました。

約9年ぶりにこの『キーガットクルー』で親友バンドの『復活祭』に出演して来ました。

出演したのは俺らだけではなく当時中が良かった『サンセットフリップ』、そして後輩バンド『リオラマ』、ワタシは対バンした事なかったけど、昔よくラッコとやっていた『オルゴール』。

『サンセットフリップ』と『ラッコタワー』は、当時よく顔を合わせる面子だったので、本当に懐かしく、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。

『復活祭』と言うにふさわしい場。

今回『キーガットクルー』の元ギタリストよしが中心になってワタシを誘ってくれました。

他のメンバーも快くワタシと演奏する事を承諾してくれたそうです。

まさかまたこの面子でライブをやれるとは思っていませんでした。

9年ぶりだという事で、5月からリハ開始。

3、4回のリハでしたが、本番前日のリハでは当時よりも高いクオリティになっておりました。

皆楽しくて、自主的に練習出来たんやと思います。笑

そして当日。

打ち上げパーティーなので、開始は24時から。

場所は渋谷サイクロン。

サイクロンは『キーガットクルー』が、お世話になったレコード会社『フォーライフ』の方々と初めて出逢った場所。

「始まればあっという間やな」

と楽屋で話していました。

懐かしい面子が集まったと思ったら、本番はすぐに始まり『リオラマ』→『オルゴール』と皆照れ笑いを含んでおりましたが、すごく楽しんでいる様子でした。

楽しくない訳がない。

のんびりライブを楽しんでいたら、すぐにワシらの出番。

今回は『ラッコタワー』のキーボード、真一が参加してくれたので、かなりゴージャスな音になりました。

渋谷サイクロンの何が良いかというと、お客さん全員の顔がハッキリ見えるという点。

ステージに上がったら当時良く来てくれたお客さんがたくさん居て、そのままの空間が再現されておりました。

皆さんの最高の笑顔がハッキリと見えました。

ドラムセットに座って、後ろからメンバーの背中とお客さんの顔を見ながら

「おー、こうだった、こうだった」

と感慨深い気持ちでいっぱいになりました。

計7曲演奏しましたが、思っていた通り始まったらすぐに最後の曲。

最後の曲は当時から好評だった『冬来たりなば春遠からじ』。

ワタシは一番最後にキーガットに加入しましたが、バンドに入りたいと思ったきっかけがこの曲。

汗が目に入って痛かったのと、こんな気持があり、最後は訳分からん顔になっていたと思います。

「当時の面子でやりたい」

と言ってキーガットクルーを誘ってくれたラッコタワー。

そしてワシに演奏させてくれたキーガットクルーのケン、ケンジ、みね、よし。

協力してくれた真一。

同志達。

密かに楽しみにしてくれていた当時のお客様達。

本当にありがとうございました。

『サンセットフリップ』のラストソングに涙し、『ラッコタワー』のライブでは久しぶりに腹を抱えて笑いました。

ラッコタワーはこの日クアトロでのワンマンと合わせて30曲以上演奏したそうな。

本当にお疲れ様。

ゆっくり休んでくれい~。

本当にいい日だった。

写真が無いのが残念。

音も動画も録ってない、、、、。

誰か下さい。笑

これからも音楽人生頑張ります。

ほいじゃ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

古賀 真人

Author:古賀 真人
■ミュージシャンを目指し18歳で上京
■学校中退後、ミクスチャーバンド「KEY GOT CREW」のメンバーとして(株)フォーライフミュージックエンターテイメントと契約。40カ所の全国ツアー、CDシングル&アルバム計5枚をリリース。その後脱退。
■某舞浜テーマパークにて2年間ドラム演奏者としてレギュラーショーに出演。
■スカバンド「ネコベッド」、ロックバンド「フーバーオーバー」のサポートメンバーとして主要都市のツアー、アルバムをリリース。
■ブルース・リー映画サウンドトラックリメイク版「SONG OF DRAGON」、映画「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」、ベネッセ英会話教材等の数々のBGMレコーディングにも参加。
■カバー曲約400曲のレパートリーを誇るバンド「ジーナZ」のメンバーとして約2年間、約500本のライブ活動。
■2010年2月にDrum School B-Sessionを開校。
■哀愁ロックバンド「ダットサン320」のサポートメンバーとして都内を中心に活動。後脱退
■速水けんたろう、荒木真樹彦、その他多くのアーティスト、シンガーソングライターと共演。
■ビートルズカヴァーバンド4everのメンバーとして活動中。
■ロックバンド「ツチのコ」、「ドラゴンマン」のメンバー、「FUNKIST」のサポートメンバーとして活動中。
■2013年春、【YAMAHA】PMSドラム講師に就任。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。